男の料理もエコクッキング

男の料理はやっぱり、豪快・ワイルドに行きたいですよね。

しかし、環境のことを考えて料理するのもまた、デキル男の要素ではないでしょうか。 

男の料理の豪快さと、エコクッキングを両立させてみませんか?

野菜や果物は、皮をむかずに使いましょう。

農薬が心配なら、しばらく水にさらしてください。

スポンサーリンク

目立つ汚れがあったらそこだけ包丁で取り除き、タワシで良く洗えばOKです。

食材を切る時に、まな板や包丁を使わなければ洗い物を減らすことができます。

包丁の代わりに、手でちぎってみるのは如何でしょう。

その方が、味がしみやすくなるメリットもあります。

こんにゃくを煮るときなどは特におすすめです。

また、ニラなどの野菜を炒めるときも、手でちぎると味がからみやすくなります。

豆腐も、ざっくり手で崩して使うと、切った時とは違う味わいに。

料理の雰囲気も変わります。

そして盛り付けは、ドカンと一皿に全部をのせてしまいましょう。

そして、食べ終わった皿に料理のソースやカレーのルーなどが残っていたら、パンやご飯を入れてきれいにぬぐって食べます。

すると食べ終わったお皿はピカピカ。

洗剤も少しで済みます。

アウトドアの時などにも、このような方法は有効ですよ!

関連記事(一部広告含む):