キッチン菜園でエコクッキング

料理をすると、野菜クズなどの生ごみが毎日発生しますよね。

生ごみは気をつけないと、すぐ臭いが出るし、保管も厄介です。

そして、水分の多いゴミは燃やすのにエネルギーがたくさん必要なので、環境にも負荷がかかります。

生ごみを減らすために、野菜クズを栽培してみませんか。

ゴミが減らせるだけではありません。

スポンサーリンク

ちゃんと収穫して食べることのできるプチ菜園になるのです。

おすすめは、ダイコンやニンジン、カブなどのヘタの部分。

小皿などに水を入れて置いておけば、葉が伸びてきます。

細かく刻んで塩もみしたものをご飯に混ぜれば、大根葉飯になります。

ニンジンやカブの葉も同じように使えますよ。

ネギの根の部分も捨ててはいけません。

コップや空ビンに挿しておくと、新しい芽が伸びてきて、しっかりネギになるんです!

ちなみにネギは、土に植えてもOKです。

また、時間はかかりますがアボガドやオレンジなどの種を植えて、収穫できるまでに育てている人もいるそうですよ。

お部屋の中にグリーンは、癒し効果もバツグン。

そして、収穫した野菜をエコクッキングで調理すればさらにエコです。

子供に戻って実験・観察するつもりで、いろいろな野菜で試してみてください。

関連記事(一部広告含む):