冷凍保存でエコクッキング

食材を使い切らずに腐らせてしまった。

罪悪感と共に処分した経験のある方は多いのではないでしょうか。

そんなことになる前に、長期保存ができるようにひと手間かけましょう。

安いときにまとめ買いをした食材は、すぐに下処理をして冷凍すれば安心です。

野菜ならば食べやすい大きさに切ってゆでます。

スポンサーリンク

魚は内臓を取っておろし、ラップにくるんでおきましょう。

お肉は小分けにしてラップをします。

冷凍するのが難しそうなイメージのある食材も、工夫をすれば大丈夫です。

リンゴやナシなどは、レンジで加熱して、冷めたら汁ごと凍らせます。

そのままシャーベットとして食べても美味しいですよ。

油揚げは、保管の方法に注意が必要です。

熱湯を通して油抜きをして水気を切ったら、間にラップを挟みながら重ねて冷凍してください。

このラップがないと、くっついて取れなくなってしまいます。

豆腐やこんにゃくは冷凍すると食感が変わってしまいます。

しかし、食べられなくなる訳ではありません。

「凍みこんにゃく」「凍り豆腐」という食材があるくらいです。

煮物の材料として活用すれば、いつもと違う食感を楽しむことができます。

少しだけ余った料理も、冷凍しておくと何もないときに重宝するもの。

その少しの手間を惜しまないことが大事ですよ。

関連記事(一部広告含む):