自家製漬け物を作ろう

エコクッキングで大切なのは、食材の無駄をなくすこと。

食材を大切にする方法として昔から行われてきたものの一つに、漬け物があります。

塩でもんだだけの浅漬けから、代々受け継がれる糠床で作るぬか漬け、白菜漬けや梅干しまで種類も豊富です。

旬の野菜は値段が安くなります。

その時期にまとめて漬物を作れば、長く楽しめてお金もかかりません。

スポンサーリンク

本格的な漬け物が面倒なら、ビニール袋で作る簡単漬け物を試してみてください。

中途半端な野菜の救済にはぴったりです。

野菜はなんでもOK。

冷蔵庫に余っているものを薄く切って、ビニールに入れてください。

そこに塩を入れて揉み、しばらく置けばできあがり。

たったこれだけでも立派な漬け物なのです。

でも、さらにおいしくするための一工夫をしてみましょう。

塩を入れるときに、昆布やスルメなどのダシの出るものを一緒に入れるのです。

おつまみの残りでもいいでしょう。

さらにレモン汁や輪切りのトウガラシを入れれば、本格的な味になります。

きれいに盛り付けて食卓に出せば、余った野菜とおつまみの残りだなんで誰も思わないですよ。

漬けるときのビニールも、使い捨てではもったいない。

厚手のジッパー付きの袋を使い、洗って干しておけば何回か使えますよ。

関連記事(一部広告含む):