野菜のエコクッキングレシピ

野菜のエコクッキングのコツは、捨てる部分を減らすこと。

皮をできるだけむかずに丸ごと料理すれば、作るのもラクです。

大根やニンジンは、表面をタワシでよくこすり洗いして使います。

皮をむいた時とほぼ同じ感覚で使えますよ。

ジャガイモは、料理によっては皮があると違和感を感じるかもしれません。

スポンサーリンク

その場合は、厚めに皮をむき、その部分だけで炒めものなどにします。

ブロッコリーの芯の部分も、捨てずに美味しく食べることが可能です。

この場合、表面は固いので薄くむき、中の部分をスライスします。

炒め物やスープの具など、意外と何にでも合いますよ。

ちなみにこのブロッコリーの芯、しょうゆで炒めると、不思議と「焼きトウモロコシ」の味がします。

キャベツの外側の部分は固くて食べづらいですよね。

でも、捨ててしまうのはもったいない。

一番外側の部分を食べるのは難しいですが、その下からは無駄にせずに使いましょう。

固い部分は、長く煮込む料理の時に使います。

小さめに切って、スープなどに入れれば固さも問題にならないでしょう。

煮込むときは、ぜひ保温調理で。

ゆっくり加熱すると、野菜はより柔らかくなりますよ。

関連記事(一部広告含む):