エコクッキングでカレーライス

大人も子供も大好き。

日本の国民食ともいえるカレーライス。

カレーには、「これを入れなければならない」というルールが存在しません。

何を入れても良いのです。

つまり、エコクッキングには最適な料理。

冷蔵庫にあるものでエコなカレーを作りましょう。

スポンサーリンク

エコクッキングの基本である「皮ごと利用」と「保温調理」が、ここでもポイントになります。

ジャガイモ、ニンジンは皮ごとを適当な大きさに切ります。

玉ねぎはスライスします。

もし、半端に余った肉がいくつも冷凍庫の隅に転がっている…という状況なら、まとめてカレーに使ってしましましょう。

肉と野菜を炒めて水を入れ、アクを取りながら煮ます。

そこへカレーのルーを入れるのですが、ここで一工夫。

食べきれずに残っている塩辛や、一口だけあまったヨーグルト、使う機会のないハチミツ。

そのようなものがあれば、隠し味に入れてみます。

色々なものをいれると、コクが出て本格的なカレーのようになるから不思議です。

ルーを入れて少し煮たら、あとは保温調理におまかせです。

ゆっくり火が通るので、出来上がりの時から「一晩寝かせたカレー」のような味わいになるのも嬉しいポイントです。

関連記事(一部広告含む):