eco検定!4大公害病と都市型公害

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

日本で過去に発生した、悲惨な公害病の代表とされる4大公害病は「水俣病」「新潟水俣病」「イタイイタイ病」「四日市ぜんそく」です。

水俣病と新潟水俣病は工場からの排水に含まれていたメチル水銀が原因でした。

また、イタイイタイ病は鉱山からの排水に含まれるカドミウムが原因となりました。

それら公害対策に対応するためにつくられたのが、1967年の「公害対策基本法」です。

これは1993年に地球環境問題全体に対応する「環境基本法」へと変わりました。

スポンサーリンク

そのほかに公害に対処する法律としては、「大気汚染防止法」「水質汚濁防止法」などがあります。

環境に関する行政を総合的に推進するために1971年に設置されたのが環境庁(現在の環境省)です。

公害の中でも、「都市型公害」と言われるものが特に増加しています。

これは、都市に人口が集中することによって起きる各種の公害です。

「感覚公害」と言われる、人間の感覚として不快に感じる音や光などが原因のものは、その中でも苦情が多い公害です。

感覚公害には過度の屋外照明による「光害」、騒音や振動、悪臭などがあります。

また、舗装された地面が増えて保水機能や遊水機能が失われたことで「都市型洪水」も増えています。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク