eco検定!京都議定書について

「京都議定書」は1997年に採択されました。

1990年を基準年として、2008年から2012年の5年間の温室効果ガス削減目標を定めました。

削減目標は先進国全体で5.2%です。

国別では、日本が6%、アメリカ7%、EU8%です。

ただしアメリカは、この目標に批准していません。

スポンサーリンク

中国やインドなどには排出量削減義務がありません。

ポスト京都議定書では、これらの国の参加も課題となっています。

「京都メカニズム」とは排出量削減のための仕組みのこと。

「共同実施」「クリーン開発メカニズム」「排出量取引」の3つをさします。

「クリーン開発メカニズム」とは、先進国が開発途上国で事業を行い、その結果削減された排出量を先進国の排出枠に移転できる仕組み。

2013年以降のポスト京都議定書の枠組みを決めることが、現在の重要な課題となっています。

2007年にバリ島で開催された会議では、「バリ・ロードマップ」という工程表が採択されました。

2008年には北海道で「洞爺湖サミット」が開催され、「2050年までに排出量半減」という長期目標が立てられました。

eco検定では、時事問題についても出題されます。

ポスト京都議定書に関する動向については、こまめに新聞などでチェックしておくと良いでしょう。

関連記事(一部広告含む):