eco検定!クルマと環境対策

モーダルシフトとは、二酸化炭素排出を抑制した貨物輸送方法。

トラックから鉄道や船への輸送に切り替えることを言います。

同じ重量の荷物を運ぶとき、トラックが使用するエネルギーは、鉄道の23倍になります。

また、3PL(サード・パーティ・ロジスティック)は、第三者企業の業務代行によって、輸送回数の減少させるシステムです。

パークアンドライドとは、近郊都市まで自動車を利用して、途中から電車やバスなどに乗換える移動の方法。

スポンサーリンク

地方都市や観光地の渋滞緩和に効果があると注目されています。

カーシェアリングは、1台の車を複数の会員が共同で使用するシステムで、こちらも最近注目が集まっています。

車による環境負荷を減らすために推奨されているのが「エコドライブ」。

不要なアイドリングや急発進・急加速などを止めるなどの方法があります。

また、ハイブリッドカーはガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせることで、二酸化炭素の排出量を減らす仕組みになっています。

車を使わず、歩いて生活できる都市を目指すのが「コンパクトシティ」です。

住居や学校、職場、病院などを1か所に集中させた街のつくりで、札幌や仙台をはじめとした雪の多い寒冷地で取り入れられています。

関連記事(一部広告含む):