eco検定!企業のさまざまな取り組み

環境問題への取り組みは、企業にとっても重要な課題になってきました。

積極的な環境への取り組みを長期的な利益へつなげるという考え方も広まっています。

企業の社会的な取り組みも考慮したうえで投資を行うことを「社会的責任投資(SRI)」と呼びます。

また、環境問題に絞り込んだ投資信託として「エコファンド」があります。

エコファンドへの投資も、社会的責任投資のひとつです。

スポンサーリンク

環境に配慮した企業に投資したいと考える投資家は「グリーン・インベスター」と呼ばれます。

「環境アセスメント」は、大規模事業を行う際に環境への影響を調査して、それを踏まえた事業計画を立てる制度です。

道路やダムなど13の事業が対象となっています。

環境アセスメントは、事業を行う事業者が、自らで行うことになっています。

環境改善の方法として、「規制的手法」「自主的手法」「経済的手法」があります。

「規制的手法」は、法的な規制で問題を解決する方法。

最低限の環境改善を行わせるのに利用されます。

「自主的手法」は望ましい水準まで改善される保証がないことが弱点となっています。

「経済的手法」は効果的に行われやすいと言われています。

低炭素社会を目指すため、今後は、環境税の一環として「炭素税」の導入なども検討されています。

関連記事(一部広告含む):