eco検定!日本の温暖化対策とグリーン購入

日本の京都議定書目標達成計画の柱となっていることは3つ。

「温室効果ガスの削減」「森林吸収源」「京都メカニズム」です。

それぞれ、0.5%、3.9%、1.6%の削減を目標としています。

「省エネラベル」は、京都議定書の目標達成のために、商品に省エネ情報を表示することを義務づけたものです。

エアコンや冷蔵庫、蛍光灯器具などの16品目が対象となっています。

スポンサーリンク

「地球温暖化対策推進法」は、温室効果ガスを一定以上排出している事業者に、排出量の報告を義務づけた法律で、2008年に強化されました。

グリーン購入とは、環境に配慮された製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から購入することを表します。

「グリーン購入法」では、国の機関にはグリーン購入が義務付けられ、自治体や企業、国民については、グリーン購入に努めることが定められています。

グリーン購入の対象となる商品は広がっており、電力やプラスチック、資材など様々な商品がグリーン購入の対象となっています。

最近は技術開発が進み、環境配慮した製品が必ずしも高価とは限らなくなりました。

また、各企業のホームページでの情報収集も可能になり、グリーン購入に取り組みやすくなってきたと言えます。

関連記事(一部広告含む):