eco検定!環境配慮設計と様々な活動

「環境配慮設計」とは、製品のライフサイクル全体を通して環境負荷の低減を目指しています。

「環境配慮設計」が普及した理由には、国民の意思向上や法規制の強化があります。

特に、EUで法規制が強化されたことが大きく影響しています。

「RoHS指令」「WEEE指令」「REACH規則」がEUで定められた法規制です。

「RoHS指令」は、EU圏内で電気・電子機器に、鉛、カドミウム、水銀、6価クロム、PBB、PBDEの使用を禁止したもの。

スポンサーリンク

「WEEE指令」では、輸入品の回収・リサイクル費用を輸入業者が負担することを求めています。

「REACH規則」は、EU圏内で、有害な化学物質から人間と環境を守ることを目的とした法規制です。

「ビオトープ」は、本来その地域に住む生物の生息空間のことで、森林や水田、里山などがあります。

「ゼロミッション」とは、企業などが出す廃棄物を、他の産業の資源として活用して、結果的に廃棄物をゼロにすることを目指した取り組みです。

「エコツーリズム」は、自然や歴史・文化を体験し、学ぶことを目的とした観光です。

エコツアーは地域振興にも効果があるため盛んに行われるようになりました。

しかし、観光客による環境破壊が問題となり、「エコツーリズム推進法」が成立しました。

関連記事(一部広告含む):