eco検定!生活の中の環境問題

日本の食料自給率は約40%です。

これは、先進国の中では最低であり、深刻な問題となっています。

食料自給率低下の原因として、安価な輸入食材を消費者が求めることや、食生活が欧米化したことがあります。

「有機JASマーク」とは、有機栽培としての規格を満たした食品に付けられる表示。

「特定用途の食品許可証票」は、厚生労働大臣から許可を受けた「特定用途食品」に表示されるものです。

スポンサーリンク

「スローフード運動」は、その土地の伝統的な食文化を見つめなおそうという運動。

「トレーサビリティー」とは、食品の生産や加工、流通の各段階をさかのぼって確認できる制度。

2003年に導入された牛肉のトレーサビリティーが有名だが、それ以外の食品にも広がっています。

「シックハウス症候群」は、建材に含まれる化学物質によって起きる健康障害。

ホルムアルデヒドやトルエンなどの、揮発性有機化合物(VOC)によって起きます。

「都市緑地法」は、都市の緑地保と緑化の推進のための法律。

その他にも、「都市公園法」「首都圏近郊緑地保全法」「都市緑地法」などが緑地化推進について定めています。

eco検定で問われることは多岐にわたりますが、全てが私たちの生活に深くかかわる事柄です。

そのことを意識して、関心をもって学習に取り組めば、ECO検定にきっと合格できますよ。

それでは、検討を祈ります!

関連記事(一部広告含む):