エコな冷蔵庫を購入する前に

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

電気冷蔵庫は賢く使えば節電につながります。

最低限、冷蔵庫内の温度確認を行い、季節によって変化させるなどの工夫は必要です。

庫内の温度は冷蔵室が1℃~5℃、冷凍室がマイナス18℃~マイナス22℃、野菜室が3℃~7℃となっています。

冷蔵庫用の温度計を購入して庫内におけば温度の確認ができるので温度調節を行ってみましょう。

案外、夏のまま温度調節のダイヤルが「強」になったままだった、なんてこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

また庫内に収納している食品の配置でも変わってきます。

冷風吹き出し口前に食品を置いてしまえば冷気循環が正常に行えません。

冷気吹き出し口周辺はできるだけ食品を置かないようにして冷気循環を確保してください。

冷蔵庫は電気で冷やすので、当然、その代償として熱を発生します。

この熱を逃さないとモーターが冷却されず電力消費の元となります。

したがって冷蔵庫の放熱箇所は十分に放熱できる環境が望ましく、放熱箇所が壁に密着、あるいは収納家具に隠れていると節電につながりません。

冷蔵庫は壁から離す、収納家具から離す、を基本としてレイアウトしましょう。

最近の電気冷蔵庫は背面から放熱するのではなく、背面下部や側面にあって放熱箇所を目立たなくし、オシャレに設計していますが冷蔵庫の節電を考えると放熱箇所の十分なスペースがレイアウトの優先順位となることをお忘れなく。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク