照明器具がプラズマクラスターイオンを発生

シャープのLEDシーリングライト、ELMはさくら色の調色機能が大きな特徴ですが、その他の機能も充実しています。

その機能のなかでシャープらしいのがプラズマイオンクラスターの発生。

プラズマイオンクラスターは加湿空気清浄機だけのものと思い込みがちですが、じつはシャープ、さまざまなデバイスに発生機能をつけており、エアコンやセラミックファンヒーターを始め、洗濯機や掃除機、冷蔵庫にまで装備、その出荷数は累計で5,000万台を突破しているそうです。

したがってLEDシーリングライトにプラズマクラスターイオンが装備されていても、なんら不思議はないわけですね。

照明をつけていれば細菌やウイルスの除去、付着臭の消臭、静電気まで抑えるのですからこれはもう蛍光灯シーリングライトでは太刀打ちできず、照明器具の枠を超えた家電といえるでしょう。

スポンサーリンク

調光機能や白色、暖色切り替えといった定番機能もついていますが、ユニークなのはスマートフォンのアプリをダウンロードすればリモコンとまったく同じ操作が行えること。

もちろん、シャープ製のスマホ限定となりますが。

気になるのはLEDデバイスの耐久性ですが、シャープでは発光素子の故障による不点灯、ちらつきが発生した場合、購入日から5年間は無料修理の保証をつけています(本体の保証期間は1年)。

ピンク色、じゃない、さくら色の寝室の照明、少子化にも役立ちそうですね。

関連記事(一部広告含む):