骨盤ダイエットは粘りが肝心

骨盤ダイエットで骨盤エクササイズを行う際は、力をコントロールするということが肝心になってきます。

何というんでしょう?

様々な表現法がありますが、例えばそれは、ねっとりと、だとか、粘りつくように、というようなものがあります。

これらの言葉が意味するところは、とにかくゆっくりと動作をする、ということ。

身体の中に、1本の芯を作ってください。

スポンサーリンク

体幹を作って、そこから腹筋や臀部などを使って、じっくりと、足元がふらつかないように身体を動かしていきます。

身体の中心をしっかりと使って運動することで、インナーマッスルが鍛えられます。

インナーマッスルが鍛えられると、すらっと細身の筋肉がついて、女性らしい、しなやかな体型に痩せることができます。

じっくり、手の指先から足のつま先まで隅々を駆使して骨盤エクササイズを行ってください。

表現が難しいですが、とにかく、身体の中心から動く、ということがポイントです。

決して、見様見真似で、動作を真似するだけ、というような動きにならないこと。

できれば、自分の身体の筋肉の動きや負担のかかり具合を想像しながら行ってください。

想像しながら力をコントロールすることで、深層筋は更に効果的に鍛えられます。

焦らず、少しずつ試してみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):