腰痛と大腰筋の関係

大腰筋とは、腸腰筋と呼ばれている筋肉の中にある、その中で最も長い筋肉のことです。

大腰筋は、背骨から骨盤を通り足の付け根に伸びるように存在します。

この筋肉は、骨盤が前に傾くように働きます。

それってダメなことじゃない?っていう感じですよね?

一見するとそうなのですが、これは厳密に言うと、猫背にならないように働いている、といった解釈をして頂くとわかりやすいかなと思います。

スポンサーリンク

この大腰筋がゆるむと猫背になりやすく、腰痛を引き起こす原因となるという意見もある一方、それとは別に、大腰筋が緊張する(縮む)と腰痛になってしまうという反対意見もあるようです。

緩みすぎるのもいけませんが、収縮しすぎてしまうのも問題のようです。

大腰筋は、上体を前に倒す際に使われます。

この筋肉が縮んでしまうと、背中を真っ直ぐに保つことが困難に感じるようになり、また、前に倒した上体を元の姿勢に戻すことが難しくなります。

中腰になっていると腰が痛くなるという方や、長時間たっていると腰痛が出てくる方、また、下腹がぽっこり出ている方なども、大腰筋が縮んでいる可能性があるそうです。

ということで、大腰筋の疲労や緊張を解くことも、腰痛を効果的に改善する一つの方法です。

片膝を立ててしゃがみ、もう片方の膝は、腿を伸ばすように後ろへと持っていき床につけます

前に出した方の膝に両手を置き、バランスを取りましょう。

そうやって股を前後に開き、気持ちよく感じる程度に伸ばします。

これが、大腰筋のストレッチ法です。

決して反動を使わずに、ゆっくり行ってみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):