骨盤エクササイズで腰痛を予防

骨盤のゆがみや大腰筋の緊張が引き起こす腰痛は、骨盤エクササイズで深層筋にアプローチして、鍛えることで予防できます。

腰を回す際などには特に大腰筋を使いやすいので、股関節で踏んばって、力んでしまわないように気をつけてくださいね。

骨盤周辺の筋肉から始まり、やがて全身のインナーマッスルも鍛えられていくと、やがて、正しい姿勢を保つことに苦痛を感じなくなっていきます。

しょっちゅう、無意識に姿勢を正すような習慣がでてくれば、それは、身体全体の筋力が上がってきているという証拠。

スポンサーリンク

骨盤エクササイズを行う際は、まず、身体を横から見た状態で、骨盤が真っ直ぐ正面に向くように保ちましょう。

中にはそれを保つのが難しいメソッドがありますが、そういう時も極端に骨盤を前後に傾け過ぎないように気をつけます。

身体の表面の筋肉は、収縮した感覚がつかみやすいので、ついついそちらを動かして満足してしまいがちですが、それをしてしまうと、男性のような逞しいムキムキの太い筋肉がついてしまいます。

身体の中心を感じて、動くときには力をコントロールして骨盤エクササイズを行うことで、女性らしい丸みを残しつつ、細くてキレイな、しなやかな筋肉をつけることができます。

姿勢が正しい状態で保たれるようになり、さらに必要な筋肉がついて腰を守ってくれるので、腰痛になりにくい身体ができあがります。

関連記事(一部広告含む):