骨盤底筋と内転筋は連動する

みなさんは、内転筋というものをご存知ですか?

内転筋とは、太もも上部の内側にある筋肉群の総称です。

これは私たちの骨盤を支えるとても重要な筋肉で、この筋肉が衰えてくると太ももの複数の筋肉がねじれてしまい、その結果、O脚やX脚を引き起こしてしまいます。

内転筋は、骨盤底筋と連動して動きます。

スポンサーリンク

骨盤底筋を鍛えると、内転筋も徐々に自然な筋力になるくらいに鍛えられていくので、人によって期間の違いはありますが、O脚やX脚が改善されていきます。

骨盤底筋の運動は、地味で地道なものですが、コツをつかんだ者勝ち!

自分なりの力加減を知って身につければ、だんだんと足が真っ直ぐになっていきます。

まずは、内転筋の緊張をほぐすために、ストレッチから始めましょう。

内転筋の簡単なストレッチとしては、両足を外側に開き、股割の姿勢をとって、そのままお尻をゆっくりと下に落としていく(背筋を真っ直ぐにしたまましゃがんでいく)という方法があります。

これくらいなら、いつでも手軽にできますね。

他にも、図解で説明してくれているページなんかもネット上にいくつかありますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

O脚やX脚を治したいという方は、内転筋を十分に柔らかくほぐしてから、効果的に骨盤底筋を鍛えましょう。

関連記事(一部広告含む):