有機・無農薬は何故良いのか

有機栽培とは、化学肥料を使わずに育てた農作物のこと。

無農薬とは文字通り害虫を退治したり、病気を予防するために薬品を使わないことです。

科学肥料は人体に直接害のあるものではありませんが、作られる過程での環境汚染が問題となっています。

また、化学肥料を長い間使い続けることで、土の中の微生物が栄養不足で死滅してしまい、土の状態が悪くなると言われています。

農薬は、作物を栽培するにあたって邪魔になる害虫を殺すための薬品です。

スポンサーリンク

虫を殺せるという事は、人間の体にも害はあります。

中には、かなり強い薬品もあるようです。

これらのものを使わずにつくった野菜は、通常のものより値段が高い場合がほとんどです。

できれば安く買い物がしたいと誰もが思うでしょう。

無理して買う必要はありませんが、食べたことのない人は、ぜひ一度買って、微妙な味の違いを体験してみてください。

また、高価な物ならば、無駄にせずに食べようと思うものです。

自然と小食になる等の効果もあるかもしれません。

有機栽培や無農薬の野菜の値段が上がる理由は、自分で野菜を育ててみると良く分かります。

農薬を使わずに害虫退治をするのは大変だし、化学肥料を使った方が収穫量は上がるのです。

どちらを選ぶにしても、そういった「知識」を持ったうえで判断することが大切だと思います。

関連記事(一部広告含む):