羊毛政策から生まれたジンギスカン料理

日本各地には、ソウルフードの資格を十分に満たす料理がたくさんあります。

たとえば北海道や東北地方のジンギスカン料理。

たっぷりの野菜と羊肉をスリットが入って盛り上がった鉄板で焼いて食べる料理ですね。

これ、発祥は東京とも北海道とも言われ、同時多発的に山形の蔵王温泉や岩手の遠野市でも誕生しています。

ジンギスカンという名前の由来もモンゴルを統一したジンギスカン(チンギス・ハーン)が兵士の食事として考案したことが元になっているとか、源義経が北海道を経由してジンギスカンになった時、北海道でこの料理方法を思いついたから、とか、定かではありません。

スポンサーリンク

ジンギスカン料理が生まれたのは1918年、公務員用制服に必要な羊毛の自給自足を目的とした「緬羊百万頭計画」が立案されてから。

刈り取った羊毛だけでなく羊肉も消費させることで農家の収入と飼育頭数増加を図る意味から、羊肉を使った料理を推奨する時代があったのです。

ただ、羊の肉には臭みがあります。

肉食に慣れていない日本人から敬遠されないためにも、野菜と一緒に焼く、独特のタレを作って肉を漬け込む、あるいは焼いて臭みの元になる脂を鍋から落とし、タレに浸けて食べるというジンギスカン料理方法が考案されました。

このジンギスカン料理、日本の関東以北で知られており、発祥の地も定かではありませんがソウルフードと呼ぶにはもちろん、理由があります。

関連記事(一部広告含む):