大阪のたこ焼きとお好み焼き

日本でもっとも有名なソウルフードといえば大阪のたこ焼きとお好み焼きに尽きます。

歴史的に見れば、どちらも大阪が発祥というわけではありません。

たこ焼きのルーツは明石市の玉子焼で、従来の玉子焼きと区別するために明石焼きと呼ばれている郷土料理から派生しています。

この明石焼き、鶏卵と出汁、浮き粉や沈粉(じんこ)、小麦粉でふっくらと小型の球形に焼くことが特徴で、具には明石産のタコ切り身が入っており、出汁につけて食します。

スポンサーリンク

形と具はまさにたこ焼きですね。

お好み焼きの起源は安土桃山時代の麩焼きと言われています。

茶会の茶菓子として作られたもので、小麦粉を水で溶き、薄く伸ばして焼いてから芥子の実、山椒味噌、砂糖などを塗って丸めて形にします。

この麩焼きは江戸時代を経て東京の下町でもんじゃ焼きになり、どんどん焼きに発展して各地に伝わっています。

言ってみれば、お好み焼きのルーツはもんじゃ焼きなのです。

しかし、明石焼きは未だ明石市から出ることがなく、もんじゃ焼きも東京下町から広がることはありません。

たこ焼きとお好み焼きは、大阪から全国に発信されました。

形態に若干の違いはあっても基本型はほとんど同じです。

大阪に取って、たこ焼きとお好み焼きのルーツはどうでもよく、ドメスティックな食べ物として高い認知を持たれていることこそ、大阪自慢のソウルフードであり、大阪人の矜持でもあるのです。

関連記事(一部広告含む):