東京から失われたソウルフード

日本各地にあるソウルフードですが、首都東京に根付いているソウルフードはあるのでしょうか?

握り寿司?

確かに江戸時代の握り寿司は庶民の食べ物でした。

関西の押し寿司に対抗していろいろな魚介類のネタを下拵えし、味つけまでして好きなものだけをひょいひょい、とつまみ、長居をせずにサッと帰るのが握り寿司の粋な食べ方。

でも、今の時代、きちんとした寿司を食べようとしたら、とてもソウルフードの概念に収まる金額では無理です。

スポンサーリンク

寿司はすっかり高級料理になってしまいました。

江戸3大食文化と言われる天麩羅や蕎麦も同様ですね。

ドジョウ鍋や深川めしといったソウルフードもありました。

ウナギが高くて食べられない庶民に取って、栄養価で引けを取らず、田んぼにいけばいくらでも具材が用意できたドジョウも今は輸入に頼り、ドジョウ鍋を営む店は高級店になっています。

深川めしは漁師が忙しい漁の合間を縫って早く食べられるように、ざっくりと切った葱と生のあさりを味噌で煮込み、熱いご飯にぶっかけた賄い飯です。

深川の海が埋め立てられ、漁師がいなくなると深川めしも自然消滅してしまいました。

江戸は地方文化の集大成で、常に新しいことに興味を抱いて文化を作り上げていきました。

現在の東京も、その江戸気質となんら変わるところがありません。

わずかに江戸を伝える面影を残す街もありますが、やがてそれらが消えていくのも時間の問題でしょう。

東京にはソウルフードという、時に感傷的な郷土料理の入り込む隙間すらないのかもしれません。

関連記事(一部広告含む):