意外にも牛丼のルーツは横浜

横浜も開港という歴史から新しもの好きの街で、元来、郷土料理とかソウルフードとは無縁の街と思われる人も多いでしょう。

でも、意外なことに文明開化の明治初期、横浜には当時に相応しいソウルフードがあったのです。

それは牛鍋丼。

現在の日本が誇るファストフード、牛丼のルーツは横浜にあったのです。

明治時代に入ると横浜に外国人居留地ができ、それら外国人のための食生活を満たすべく、牛の屠殺場が横浜の海岸通りに設けられました。

スポンサーリンク

明治時代初期は、まだ江戸文化の名残から四足を食べることに抵抗があった日本人ですが(といっても、なんだかんだ理由をつけては肉食していましたが)、横浜の入船町で居酒屋を営んでいた「伊勢熊」が、屠殺した牛の内蔵を煮込み、白いご飯にぶっかけた料理を外国船荷役をしていた港湾労働者向けに商品化しました。

なにしろ過酷な労働の荷役、タンパク質を豊富に採取して栄養をつけなければ体が持ちません。

現在の牛丼のようにさっぱりした味ではなく、煮込み方も未熟だったために牛特有の臭みが残った、まさにソウルフードでしたが、栄養をつけたい港湾労働者には低価格だったこともあり大好評となりました。

その後、牛肉をぶつ切りにしてネギと一緒に煮込む牛鍋専門店が横浜各地に作られ、この牛鍋を食べなければ開けぬ奴(つまり文明開化に乗り遅れるぞ、という意味)とまで持て囃され、東京からも客が来店するようになりました。

しかし、現在の横浜で明治時代から続く牛鍋屋はわずかに3軒。

どの店もすっかり高級店になりました。

港湾労働者に供給していた牛鍋丼とは無縁の存在で、ソウルフードと呼べないことが少々、残念です。

関連記事(一部広告含む):