江戸で流行った脚気の原因は白米によるビタミン不足

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

マクロビオティックと無関係でも玄米の有効性は広く知られています。

玄米は日本古来の主食でしたが、江戸時代も元禄の頃になると精米技術が発達して上級武士から一般庶民まで白米を食べるようになりました。

銀シャリ、なんて言葉が生まれたのはこの頃のことですが、おかずはせいぜい一汁一菜。

もちろん、これでは栄養素が足りず、白米ばかり食べている江戸の下級武士や庶民の間では「江戸患い」が流行りました。

この「江戸患い」という病気、じつは脚気のこと。

玄米の外皮に含まれていたビタミンB1を精米して取ってしまったために欠乏症から脚気になったといわれています。

スポンサーリンク

脚気は心不全、末梢神経障害を起こす病気で、下肢がしびれたり、むくみが出たりすることから、この名前が付けられました。

「江戸患い」という呼び名であるように、脚気は精製した白米を食べる江戸在住に限って起きた病気で、この事から地方では依然として玄米を食べていたために脚気が蔓延していないことが分かります。

この脚気は経験値から蕎麦を食べると回復に向かうことが判明、当時の漢方医学では療法として蕎麦が用いられました。

江戸で蕎麦が流行った理由のひとつは、白米による脚気を蕎麦に含まれているビタミンB1で治したことが挙げられるというのも面白い話ですね。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク