スピーディな料理が好まれた江戸の食文化

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

幕府拠点が江戸に移されると、京料理は上方料理、関西料理と呼ばれました。

あくまで関東から見た呼び名ですね。

徳川家康が現在の東京、江戸に幕府を開闢した時は日本全国から都市建設のための職人が集まりました。

当然、それら職人の賄いが必要になり、全国から同じく料理人が集まり、同じく全国から食材も集まりました。

職人たちは給金を貰えますから自炊するより外食が中心になります。

しかも職人は気が短く食事に時間がかかることを嫌います。

スポンサーリンク

江戸食文化の特徴であるファーストフードの下地は開闢の際に出来上がっていました。

蕎麦はそれまで外皮を一緒に挽いていたため、噛みごたえがあって栄養素を多く含んでいましたが、それでは食べるのに時間がかかるため、外皮を取って精製し、ほとんど噛まなくてもつるっと飲み込める白い蕎麦が流行りました。

この白い精製された蕎麦、香りを楽しむ一面を持っていたため、濃い汁に少しだけつけて食べることが粋とされ、江戸では濃い汁が主流になり、やがて温かい蕎麦も濃い汁を使うようになりました。

江戸文化は関西文化のカウンターカルチャーと言われていますが、食文化もそのひとつ。

時間をかけて目で楽しむ京料理に対して、日本各地から集まった豊富な食材があり、江戸前で採れる魚介類があり、富裕層はそれらを用いて豪華な会席料理を味わい、庶民は新鮮な食材を簡単に白米と一緒に食べられる握り寿司や屋台で簡単に食べられる二八蕎麦が生まれました。

確かに京料理と正反対のカウンターカルチャーでありますが、しかし、江戸時代に生まれた代表的な日本食の中にも、香りを楽しむ、新鮮さを味わうという京料理に通ずるものがあるのです。

関連記事(一部広告含む):


スポンサーリンク