江戸時代に発刊された料理本の数々

関西のカウンターカルチャーである江戸文化も幕府開闢から100年以上経つと独自文化として歩み始めました。

とくに18世紀に入ると江戸庶民は関西というコンプレックスから逃れて自由闊達な生活を楽しむようになります。

この時代、食生活も百花繚乱で料理本が次々と発行され、江戸時代の料理本は200冊以上も刊行されたといいます。

それらの中には現代でも愛読されている書物がいくつもあり、目にした人も多いでしょう。

代表的な書物としては「豆腐百珍」があります。

スポンサーリンク

文字通り100種類の豆腐料理を解説した本で、ランダムに載せるのではなく尋常品、通品、佳品、奇品、妙品、絶品の6段階に分け、簡単に家庭で作れるものから豆腐の持ち味を引き出した滅多にお目にかかれない料理まで網羅していました。

豆腐百珍は当時のベストセラーとなり、「豆腐百珍続編」、「豆腐百珍余録」といった続編が刊行され、これを真似て「蒟蒻百珍」とか「甘藷百珍」といった類似本も刊行されています。

他にも柚子の効能と料理を集めた「柚珍秘密箱」とか大根料理だけを特集した「大根料理秘伝妙」など、今よりもずっと食材が少ない時代、それらの食材をおいしく食べる方法が詳しく解説されています。江戸時代における庶民の好気心の高さを伺わせますね。

関連記事(一部広告含む):