簡単な煮魚の作り方

寒い季節の代表格といえばブリ。

残念ながら天然モノはなかなか手に入りません。

なにしろ天然モノのブリは7~8kg以上の大きさを言うのであって、じつはスーパーなどで売られている天然モノのブリは5~6kgのワラサ、つまりブリになる前の大きさです。

やはり脂の乗りがブリとまったく違いますが、EPAやDHAをたっぷり含んでおり、脂身が少ない分、物足りなさを感じる人もいるでしょうけれどブリよりもヘルシーな魚なのです。

スーパーなどで切り身は比較的売れますが、その切り身と並んで置かれているのがカマの部分。

スポンサーリンク

価格が比較的安い上、ワラサでもたっぷり脂が乗っており、焼いても煮てもおいしい部分なのです。

焼くのは火加減が難しいので、簡単な煮る方法をご紹介しましょう。

八方出汁を作ります。

いろいろ作り方がありますが、簡単なのは出汁1に対して醤油0.5、味醂0.5の割合で合わせ、一度、沸騰させるだけです。

八方出汁を作っておくと煮物の調味料として使えますし、麺つゆとしても使えるなど用途が広くあります。

鍋に八方出汁を入れ、そのままでは濃いので倍量の出汁を加えます。

臭みを取るため、生姜やネギの青い部分を適量入れ、一度、沸騰させます。

後はカマの皮を下に向けて鍋に入れ、煮るだけ。

カマはひっくり返さず、上から汁をかけて味を染み込ませてください。

これも簡単な料理ですが、煮魚の基本はこれだけです。

伝統的な日本食、じつは手間いらずなんですよね。

関連記事(一部広告含む):