アクリルタワシはやっぱり良い

アクリル製の毛糸を使って食器洗いのスポンジを編むことが、主婦や手芸ファンの間でブームになったことがあります。

ブームが過ぎた現在でも、アクリルタワシには根強い人気があります。

それだけ、実力のあるアイテムなんです。

編み物が苦手、編んでいる暇がない・・・という場合も心配は要りません。

もっと簡単に、2分でアクリルタワシが作れる方法があります。

スポンサーリンク

毛糸を指3本にグルグルと巻き、使いやすいボリュームになったら真ん中を別の毛糸でギュッとしばれば完成です。

真ん中の毛糸を長めにすれば、フックなどにかけて保管するのにも便利です。

何色かの毛糸を一緒に巻いて作っても楽しいかもしれませんね。

この簡単タワシの良いところは、汚れたら気軽に交換できること。

そして、水切れも良いので衛生的です。

低コストなのも魅力ですよね。

通常の食器洗いスポンジと同じように使えます。

アクリルタワシが、特に威力を発揮するのが茶渋です。

軽い汚れなら、水をつけてこするだけでOKです。

時間が経ってこびり付いた茶渋には、重層を一緒に使えばきれいに落ちます。

ただし、茶渋落しに使ったタワシには茶色い汚れがしっかり付いてしまいます。

普段使う食器洗い用とは別にするか、使い古しを利用するのが良いでしょう。

関連記事(一部広告含む):