石けんをもっと活用しよう

純石けんは、食器洗い以外にも様々な使い道があります。

添加物を含まないので、洗顔に使えばお肌に優しく安心です。

液体石けんとオリーブオイルを混ぜたもので洗顔すれば、クレンジングもできます。

お風呂では、ボディーソープだけでなく、髪を洗うのに使うこともできます。

その場合は仕上げにクエン酸を溶かしたお湯ですすいで、石けんのアルカリ性を中和させます。

スポンサーリンク

食用酢にお好みのハーブを漬け込んだものをオリジナルリンスとして使うこともできます。

きしみが気になるときはオイルを数滴つけてみてください。

お風呂場に固形石鹸が一つあれば、全身がこれ1つで洗えるというわけです。

お風呂場の棚がすっきりしますよ。

シャワーなどの影響で石けん入れの下部に水が溜まってしまうことがありますが、これは浴槽の掃除のときに活用できます。

ただし、同じ純石けんでも台所用と身体用では、使われる原料が違います。

台所用をシャンプーなどに使うと、油を落とす力が強すぎてしまう場合があるので注意が必要です。

したがって身体には専用のものを使う方が安心です。

多用途に使えるタイプも少数ながら売られているようなので、そういったものを探すのも良いかもしれません。

そのほかにも、洗濯やシャボン玉液、住まいの手入れなどさまざまな場面で石けんは活躍します。

積極的に、取り入れてみてください!

関連記事(一部広告含む):