トイレ掃除にはクエン酸

トイレ掃除にも、クエン酸と重曹が役に立ちます。

重曹は、便器の中のこすり洗いに使います。

水の境目や便器の裏などの水垢は特に汚れやすいので、こまめな掃除が重要です。

便器の黄ばみにはクエン酸水をスプレーして、トイレットペーパーで湿布をします。

数時間置いたら、重曹でこすり洗いをします。

スポンサーリンク

それでも落ちない汚れには、酸素系漂白剤をトイレットペーパーで湿布してみてください。

シャワートイレのノズルはクエン酸をつけたトイレットペーパーで拭き取るか、使い古しの歯ブラシでこすり洗いをします。

便器の外側やタンク、金属の金具類なども、クエン酸スプレーで拭き掃除をします。

ミントのエッセンシャルオイルなどを入れると、香りと共に除菌効果もあるのでおすすめです。

また床の掃除には、掃除機をかけた後にクエン酸水で拭き掃除をして、さらにエタノールで拭き上げると衛生的です。

消臭にも重曹は効果があります。

サニタリーボックスの底に重曹を敷いてエッセンシャルオイルを数滴たらしたり、お茶パックの中に重曹を入れたものをフタに貼り付けておくと、ニオイをとってくれます。

重曹とクエン酸のどちらを使うか迷ったときには、汚れの性質から考えてみてください。

汚れとは逆の性質のもので中和させて、汚れを落としているのです。

トイレの汚れはおもにアンモニアで、アルカリ性です。

そのため、反対の性質を持つ酸性のクエン酸を使った掃除が中心となります。

関連記事(一部広告含む):