お風呂をきれいに保つコツ

お風呂掃除はサボっているとカビや汚れが落ちなくなって厄介ですよね。

きれいなお風呂場をキープするには、普段のお手入れが重要になります。

浴槽は、スポンジに重曹をつけて洗います。

湯垢がこびり付いてしまった時には、クエン酸をスプレーしてこするとツルツルになります。

床や壁の掃除も、重曹でこすり洗いをします。

スポンサーリンク

タイルに水が残っているとカビが発生しやすくなるので、掃除の後は良く水気を切って換気をしてください。

洗面器やイスに付いた汚れは重曹とクエン酸の合わせ技です。

初めにクエン酸をスプレーして、その上から重曹をつけたスポンジでこすり落とします。

しつこい汚れには、クエン酸水をしみ込ませたティッシュで湿布をしてから重曹を使ってください。

シャワーヘッドの汚れは、洗面器にクエン酸水を入れて1時間くらいつけ置きします。

そのあとに重曹を付けたスポンジやブラシでこすると、結晶のような汚れもきれいに取れます。

鏡についた白い汚れは、お湯で流しただけでは落ちません。

これは、クエン酸パックをします。

全体にクエン酸水のスプレーをして、ラップを貼り付けます。

数時間置いたら乾いた布で拭き取ったあと、水拭きをします。

仕上げにシャワーで洗い流して、から拭きをすれば完了です。

関連記事(一部広告含む):