入浴剤にも重曹&クエン酸

重曹とクエン酸は、掃除だけではなく入浴剤として使うこともできるんです。

湯船に重曹を大さじ2杯くらい入れると、体を温めて余分な皮脂を落とす効果があります。

また、水を柔らかくする作用があるので、一番風呂独特のヒリヒリする刺激を和らげてくれます。

重曹に塩とエッセンシャルオイルを入れれば、香りとともに温め効果もアップします。

しかも重曹風呂のお湯は、そのままバスタブの掃除に使えるので便利ですよ。

スポンサーリンク

また、クエン酸を入れたお風呂は、乾燥肌をしっとりさせる効果があります。

この場合もエッセンシャルオイルを混ぜて楽しむことができます。

お湯に入れるとブクブクと泡の出る発砲タイプの入浴剤も、主な材料はこの2つ。

自分で簡単に作ることができますよ。

1. 重曹大さじ3、クエン酸・コーンスターチ各小さじ5をよく混ぜる。

2. 霧吹きで水を少し加え、グリセリン5mlと好みのエッセンシャルオイルを混ぜる。

3. 3等分してまとめたら、固まるまで自然乾燥させる。

クッキーの型などを使っていろいろな形にしてみたり、香りのバリエーションをいくつか作って気分で使い分けるのも良いと思います。

ドライハーブの花を埋め込んでもおしゃれですよね。

夏は冷蔵庫で保管して、早めに使うようにしてください。

関連記事(一部広告含む):