換気扇の大掃除

換気扇には、日々の料理での油汚れがたまっていきます。

強力な洗剤を使わないと落とせないイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

普段の簡単なお掃除には、重曹を40℃くらいのお湯に溶かしたものを使います。

雑巾にこれをつけて、手の届く範囲を拭けばOK 。

こびり付いた汚れが気になるときは、スポンジに重曹をつけてこすり落としてくさだい。

スポンサーリンク

普段から、このようなお手入れをしておけば、大掃除もぐんと楽になりますよ。

大掃除では、部品を外してきれいにします。

タイプによってやり方が違いますが、ここではシンプルなプロペラ型の羽根が付いたタイプで説明します。

なお、作業をする時にはゴム手袋をするようにして下さい。

1.外した換気扇を置くためのスペースを確保し、新聞紙を敷いておく。

2.コンセントを外してから、枠を止めているネジをゆるめ、枠を外します。

3.羽の真ん中のネジを外し、羽根を抜き取ります。

4.重曹カップ1、液体石鹸50mlを良く混ぜ、さらにクエン酸大さじ1を振り入れてまぜる。これがクレンザーになります。

5.クレンザーを羽根や、羽根を止めていたキャップに塗りつけます。上からティッシュで湿布をして、30分くらい置きます。

4.それでも汚れが落ちないときは、つけ置き洗いをします。60~70℃のお湯1リットルあたり大さじ4の重曹を溶かし入れたものに、羽根をつけます。

5.湿布やつけ置きで汚れがゆるんだら、ボロ布で拭き取り、お湯とスポンジでよく洗います。

6.洗剤が完全に落ちたら乾いた布で拭きあげます。

仕上げに、濃い目の寒天液を羽根に塗っておくと次のお掃除が楽になるそうですよ。

また、自転車のさび止めなどに使う潤滑剤をスプレーしておくのも効果的です。

関連記事(一部広告含む):