シンクをピカピカに!

油断するとすぐに汚れが目立ってくるのが台所のシンク。

毎日のお手入れはもちろん欠かせませんが、時々しっかりとお掃除することで、もっと気持ちよく使えるようになりますよ。

通常の掃除では手の届かない排水溝の中をきれいにするには、重曹とクエン酸を使います。

まず、カップ1/2の重層を排水管の中に振り入れます。

そして、クエン酸を水に溶かしてレンジで沸騰直前に温め、排水溝へ流し込みます。

スポンサーリンク

すると、酸とアルカリの反応で、シュワシュワと泡が立ちます。

そのまま30分くらい置いて、お湯を流せば完了。

また、排水溝の網や三角コーナーもピカピカにしましょう。

全体の汚れは、重曹をスポンジでこすって落とします。

細かい部分に入り込んでしまった汚れや、こびり付いた汚れはスポンジでは落ちないので、歯ブラシを使います。

使い古しの歯ブラシのさきに重曹をつけて、小刻みにこするようにしてください。

きれいになったら、仕上げにクエン酸水をスプレーすると殺菌効果がありますよ。

また、水道の蛇口などの金属部分も磨き上げてみてください。

固めにしぼった雑巾で拭くだけできれいになります。

汚れていてもあまり支障のない部分だけに、おろそかになりがちですが、実はポイントなんです。

プロの清掃業者が清掃のときに特に気を配っているのが、この金属部分。

ここが光っているかどうかで、印象がずいぶん違うんですよ!

関連記事(一部広告含む):