ガスレンジの汚れ落とし

ガスコンロには油汚れや焦げ付きなどがたまり、つい掃除が先延ばしになってしまうものです。

大掃除を気の重い作業にしないためには、普段からこまめに拭くようにすることがポイント。

火を止めた直後の熱いうちなら、油汚れも簡単に落ちます。

使い古しの台ふきんなどをコンロの横に用意しておき、使ったら拭くことを習慣にしてみてください。

大掃除の時には、重曹でつけ置きをします。

スポンサーリンク

鍋やフライパンを乗せる部分である五徳と、その下のアルミ製の受け皿を外します。

熱めのお湯を張った容器に1リットルあたり大さじ4の重層を入れ、器具をつけます。

1時間くらいで汚れがゆるむので、スポンジでこすり洗いをします。

きれいにすすいだらよく水気を切っておいてください。

ガスレンジ本体の汚れは、液体洗剤と重曹を混ぜたクレンザーで落とします。

意外と苦労するのが、五徳が入る大きさの容器を探すこと。

シンクに栓があれば、そこが利用できるかもしれません。

(その場合、シンクのお掃除をする前にやってくださいね。)

どうしてもはみ出してしまう場合には、半分ずつ2回に分けるという方法もあります。

いろいろ工夫してみてください。

ガスレンジがピカピカになると、料理にも気合が入りますよ!

関連記事(一部広告含む):