お風呂のタイルのカビを取る

お風呂のタイルや壁のカビや黒ずみは、気が付くと発生している曲者。

カビ落しをするときは、初めにシャワーでカビ取りをする場所にお湯をかけます。

そして、酸素系漂白剤を溶かしたお湯を、大きめのブラシなどで塗っていきます。

1時間くらい置いたら洗い流し、乾拭きをしてエタノールをスプレーします。

目地の黒ずみをきれいに落としたい時に使うのが、「漂白剤ペースト」です。

スポンサーリンク

液体せっけん大さじ1に対して、酸素系漂白剤大さじ2を混ぜたものを使います。

ペーストを歯ブラシにつけて、タイルの目地をよくこすって汚れを落とします。

それでも落ちない汚れには、湿布をします。

トイレットペーパーで「こより」をつくり、酸素系漂白剤をしみ込ませて汚れの落ちない目地の上に置きます。

1時間くらい置けばOKです。

普段はなかなか掃除をしない天井も、大掃除の時にはきれいにするチャンスです。

フローリング用ワイパーの先に雑巾を取り付ければ、拭き掃除が可能になります。

始めは重曹水を絞った雑巾で拭き、その後クエン酸水の雑巾で拭いて中和させます。

最後に乾拭きをすれば完了。

天井もカビの生えやすい場所なので、大掃除だけではなく、普段から定期的にお掃除をすることが理想です。

関連記事(一部広告含む):