トイレの大掃除

トイレは毎日使うだけに、汚れがたまっていくもの。

最も大切なのは、日々のお掃除です。

大掃除では、普段の掃除では落ちにくい頑固な汚れを落としていきます。

便器の黄ばみ、黒ずみには湿布をしましょう。

徹底掃除のために、便器内の水は抜いてしまいましょう。

スポンサーリンク

トイレブラシや、つまりを取るのに使う器具を便器内に入れて上下させると、溜まっていた水が流れます。

そうしたら、便器の汚れが気になる部分にトイレットペーパーをはり、クエン酸水をスプレーします。

そのまま2~3時間おいたら、そのまま流せば完了。

なお、湿布をしている間トイレが使えなくなってしまうので、事前のご家族への声かけはお忘れなく!

トイレタンク内の洗浄も、専用薬剤などは買わずに重曹でOKです。

トイレタンク内に重曹1カップを入れて、1晩置いたら水を流すだけでOK。

ただしこちらも、すぐにトイレを使っては効果がなくなってしまいます。

夜寝る前、最後にトイレを使ったら重曹を入れ、翌朝まで置いておくのが良いでしょう。

トイレには水洗レバーや水道管、手洗い用の蛇口など、金属製の部分がたくさんあります。

それらの部分を、きれいに磨き上げてみてください。

白い水垢が付いているときにはクエン酸で落とします。

プロの清掃現場では、「時間がなくても金属だけは必ず磨け」と言われています。

細かいことのように思うかもしれませんが、金属の光っているトイレには高級感がありますよ。

関連記事(一部広告含む):