ローフードで重要な酵素

ローフードで重要なキーワードとなるのが「酵素」です。

酵素には、大きく分けて3種類あります。

まず、体内に入ってきた食べ物を消化するときに使われるのが「消化酵素」。

そして、体の代謝に使われるのが「代謝酵素」。

この2つは体内で作られています。

スポンサーリンク

そして、体の外から取り入れるのが「食物酵素」です。

ローフードでは、この食物酵素を含んだ食品を積極的に取り入れます。

食物酵素の多い食品は、消化をするときに消化酵素をあまり使いません。

すると、残りの酵素は代謝酵素として使われます。

つまり、代謝が活発になるのです。

代謝が活発になると、ダイエット効果のほか、新陳代謝が良くなって美肌にも役立ちます。

さらに、免疫力を高めることにもつながります。

免疫力がたかまると、アレルギーが改善されたり、カゼをあまりひかなくなったり、さらにはガン予防効果まであります。

また、酵素には腸をきれいにする働きもあります。

腸がきれいになると、全身の健康状態が良くなると言われています。

そのうえ、酵素を多く取ることは疲れにくい体をつくる効果もあるそうです。

酵素はダイエットだけではなく、このようにさまざまなメリットがあるのです。

ぜひ生活の中に、取り入れてみてください。

関連記事(一部広告含む):