ナッツがご飯!?

加熱したものを食べないローフード。

ナッツを主食として利用することがあるんです。

使うのは、生のナッツ。

ローフード材料を扱う通販や、自然食品店、製菓材料の店などで手に入ります。

カシューナッツやアーモンド、ヒマワリの種など、種類はさまざま。

スポンサーリンク

最初に、水につけてから使います。

カシューナッツなどの柔らかいものなら2~3時間で食べられる状態になります。

固いものでは、半日くらい浸水が必要になります。

そのまま食べてもおいしいですが、「主食」として食べる時の定番は巻きずしです。

浸水させたナッツを細かく砕いて、塩や醤油で下味をつけたら海苔に塗り、野菜と一緒に巻きます。

初めて聞くと「えーっ」と思うかもしれませんが、

独特の風味と野菜の歯ごたえで、美味しいですよ。

ローフードを扱うカフェやレストランでも食べることができます。

東京・新宿にあるこちらのお店などが有名です。

タヒチアンノニカフェ

また、巻きずしのバリエーションとしては細い千切りにしたニンジンと大根を塩でもみ、水菜やシソを中心に巻いた野菜巻きもオススメですよ。

ナッツや野菜が主食のメニューは、ご飯を使っていなくても意外とボリュームがあり、お腹がいっぱいになります。

関連記事(一部広告含む):