モノを持たない生活と整理が必要な部屋の違い

モノを持たない生活、を写真付きで解説しているところを見ると、もうモデルハウスのまんま、みたいな風景なところが多いですね。

一昔前の安っぽいテレビドラマの一コマみたいでセンスのかけらも感じません。

これがモノを満たない生活?って、首を傾げたくなってきますね。

こういった部屋を作るのは簡単。

雑然としたゴミを捨てればいいだけです。

なんでも捨てちゃう。

必要なモノでも捨てちゃえばモデルハウスみたいな風景の生活が一時的にできます。

スポンサーリンク

もし、そこまで大英断を下だせ、しかもその風景を良しとし、以後、雑然としたゴミを部屋に置かず、つねにその風景を保てることができればそれはそれでいいでしょう。

モノを持たない生活に憧れる人は、一度、思い切って雑然としたゴミを一斉に捨ててみてください。

それができないから苦労している、という人のために、モノを持たない生活を送れるよう、雑然としたゴミの仕訳方法を丁寧に解説しているサイトもあるので、それらを参考にすれば、どれをゴミとする、どれを収納する、などと細かく分類でき、整然とした室内が完成するはずです。

でも、モノを持たない生活というのは、部屋、あるいは家の中のことなのでしょうか?

それだったら、単なる整理術、ということになりますよね。

関連記事(一部広告含む):