モノを持たない生活の方針と方法

物事を進めるには方針と方法が必要です。

戦争をするためには戦略と戦術ですね。

部屋の中をきれいに、できるだけシンプルにするという方針を持つならば、部屋を整理するための整頓方法が有効的です。

整頓方法に関しては、写真付きで細かく解説している書籍やサイトがあるので、ここのコラムを読むよりもそういった情報を参考にした方がずっと早く部屋も片付くことでしょう。

では、モノを持たない生活を方針とした時、部屋をきれいにする整理術と方法的にどのような違いが出るのでしょうか?

これはもう簡単な答え。

モノを持たない生活を送る人は、邪魔なものをすべて捨ててしまいます。

スポンサーリンク

あれこれ迷った挙句、便利だから取っておこう、とか、収納スペースが余っているから、これを入れておこう、とか、整理術に関係なく、自分の生活スタイルに邪魔と感じるものを排除すること。

これがモノを持たない生活を送ることを方針とする人の方法論です。

だから、モノを持たない生活を信条とする人の部屋を例に取ると、そこには、その人のセンスが統一され、モデルハウスのような味気ない、殺風景な景色とは違った個性が感じられるのです。

だから、なんでも捨てるのではなく、他の人にはどうでもいいようなモノでも、生活スタイルに必要と感じたら、それはとても貴重な存在となります。

本人に取って邪魔なもの、貴重なもの。

これはマニュアルには載っていませんよね。

関連記事(一部広告含む):