ジョブズ氏に見るモノを持たない生活

モノを持たない生活にはどこかスマートな雰囲気が漂っています。

たとえば故スティーブ・ジョブズ氏と彼が作ったマックを例に取ると分かりやすいかもしれません。

ジョブズ氏は一貫してパーソナルコンピューターをひとつの小さな箱に閉じ込めようとしました。

それは彼が最初に作ったAPPLEⅠから今日のiMacまで変わることがありません(ジョブズ氏がAppleを追い出された後、AppleはWindowsを模倣して分離型を販売したことがありましたが、業績は一気に悪化、再びジョブズ氏を招聘し、一体型iMacを発売したことがマック再興につながっています)。

ひとつの小さな箱へパーソナルコンピューターに必要なすべての機能を閉じ込める、という思想はスマートフォンの始祖になったiPhone、さらにはタブレット型のiPadに引き継がれました。

スポンサーリンク

実際、iPhoneとiPadの流れはスマートフォンとタブレットというカテゴリーを作り、従来のPCを不要とするほどの存在感を示し始めています。

またジョブズ氏はノートブックを作る際にも、Windowsが性能を落としてコンパクトなノートブックを作っていることに対して、デスクトップと変わらぬ機能を持つという条件を崩すことはしませんでした。

必要な機能を削ることなく、できるだけ小さなパッケージに納めるという思想。

マックを持つ人がスマートに見えるのは、モノを持たない生活の実践をPCで体現しているからでしょう。

関連記事(一部広告含む):