出勤時に持つカバンの中身はなんですか?

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

モノを持たない生活は執着のなくなった結果のライフスタイルですが、いきなり100あったものを1にするというのも無理な話なので、少し実践的モノを持たない生活の一例を上げてみましょう。

たとえば一般的男性ビジネスマンの出勤スタイル。

なぜか会社へ行くためにカバンやアタッシュケースを持ち歩く人がいます。

中身を見ると家に持ち帰った仕事の残りの書類や資料、データの入ったノートブックやタブレット、それらの電源アダプターやUSBコード、電子手帳にシステム手帳、時には音楽を聞くためのプレーヤー、ゲーム機なんていうものも入っていたり、さらに元気の出るドリンク剤やゴシップ好きの三流週刊誌なんていうのも入っていたりします。

これ、ほとんど要りません。

スポンサーリンク

旅行と同じで、出勤スタイルでもモノをできるだけ持たない人は機動力があり、スマートで、仕事ができる人に見えます。

重いカバンを持って満員電車に乗り、会社に着くまでの間に消耗する体力を考えれば、手ぶらで会社に行く方が余裕を持てることぐらい、誰でも分かることですね。

本当に必要なモノだけを持って、残りのモノは家や会社に分散させてしまいましょう。

身軽になって会社に行けば、その日から周囲の見る目が変わってきますよ?

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク