オーガニックはなぜ大切なの?

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使わずに栽培した植物や、それを使って作られた製品のことです。

効率を重視して作られる農作物は、農薬で害虫を殺し、化学肥料で栄養を与えて大きく育てます。

最近では、植物工場のような、太陽や季節まで人工的に作り出してしまう技術もあります。

そのような野菜や果物は手ごろな値段で購入することができ、普段私たちはそれらの恩恵を受けて生活しています。

また、農薬の使用が許可される時には、厳しい安全性のテストが行われています。

スポンサーリンク

しかし、そのような環境は、やはり「自然」とは言えません。

一方の化学肥料は、それ自体が人体に悪影響がある訳ではありませんが、使い続けることで、土が痩せていってしまいます。

長い目で見て、地球や地球で暮らす人間を含めた生き物たちのことを考えると、農薬や化学肥料を使わずに植物を育てることが必要なのです。

オーガニックでつくられたものには、野菜や果物などの他に、コーヒーやお茶などの飲み物があります。

また、オーガニックコットンを使用して作られた製品にも多くの種類があります。

これらを実際に、食べたり使ったりしてみると、一般の製品との違い(言葉で説明するのは難しいのですが…)が感じられると思います。

関連記事(一部広告含む):