「耕さない」農業

農作業の方法の一つに、不耕起栽培というものがあります。

これは、田んぼや畑を耕さずに作物をつくる方法です。

最大のメリットは、農作業の負担軽減、時間の節約ができることだそうですが、畑にも作物にもとても優しい栽培方法です。

畑を耕すと土がフカフカになるように見えますが、実は土の中に酸素が入ることでバクテリアが増えすぎてしまい、長い目で見ると土は痩せてしまいます。

不耕起栽培では、人間が耕す代わりに、微生物やミミズが土を耕してくれます。

スポンサーリンク

収穫後の作物の根を残したままにすることで、水はけも良くなるそうです。

また、トラクターを使用しないことによって二酸化炭素を排出せずに済みます。

不耕起栽培では、稲を収穫してから次の春が来るまで、田んぼに水を張っておきます。

そうすることにより、トンボやカエル、野鳥や微生物たちによる生態系がつくられます。

微生物の排せつ物が水田に蓄積することで、雑草の増殖を防ぐ効果もあるそうです。

この方法を導入している農家はまだ少数ですが、ネット通販などで不耕起栽培のお米を購入することができます。

たくさんの生き物たちによって作られたお米を食べることで、地球の一員であることを感じられるかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):