トキが住める田んぼをつくる

新潟県の佐渡では、有機・無農薬栽培でトキの住める環境をつくるための取り組みが行われています。

トキが食べるのは、ドジョウやカエルなどの小さな生き物です。

トキの野生復帰のためには、これらが住める環境を作らなくてはなりません。

農薬や化学肥料を使わない不耕起栽培での米作りをすると、田んぼの中にたくさんの生き物が生息するようになります。

そのような自然な姿の田んぼが、トキの餌場として最適の環境となるのです。

スポンサーリンク

また、コウノトリの野生復帰に取り組む福井県では、無農薬の米づくりを子供たちが体験する機会をつくっているそうです。

その他にも、無農薬の水田に子供たちが生き物の観察に訪れ、農村地域に活気が戻ったという例もあるそうです。

生き物を守ること、子供たちに「本物」の自然環境の大切さを伝えることは、とても大切なこと。

しかし、利益や効率だけで考えれば実現が難しいことでもあります。

だからこそ、皆で支援してゆくことが必要なのでしょう。

無農薬栽培のお米を買うことだけでなく、そういった取り組みをブログなどで紹介することも、支援になるかもしれません。

日本の自然を、未来を守ることにつながる小さな行動を、一人ひとりが自分にできる形でやってゆけたら素敵だと思いませんか?

関連記事(一部広告含む):