有機JAS野菜を選ぼう!

有機栽培の食品を確実に手に入れるためには、「有機JASマーク」のついたものを選ぶようにすると良いでしょう。

有機JASマークは、農林水産省で決められた基準をクリアした農産物だけに表示されるマークです。

「有機」「オーガニック」という表示をして良いのは、この規格を満たしている農産物や農産物の加工品だけと、法律で決められています。

基準をクリアするには、その作物が作られた年だけではなく、過去さかのぼって有機であることが必要になります。

具体的には、種まきや植えつけの前の2年間、多年生の植物なら収穫の前の3年間、有機・無農薬で栽培をして初めて、「有機野菜」と認められるのです。

スポンサーリンク

その他に、使用している有機肥料の中に重金属や化学薬品が含まれていないか、働く人の条件は守られているか、といったことも審査の対象となります。

それだけ厳しい条件に基づいてつけられたマークなので、有機JAS認定の野菜は安心・安全といえます。

また、農薬や化学肥料を減らしてつくられた野菜を、各地域のJAや直売所運営会社が、独自の基準を設けて認定している場合もあります。

「ミネラル野菜」「エコ野菜」などの名称で販売されているので、そういったラベルも選ぶ時の参考になると思います。

関連記事(一部広告含む):