怖い農薬とオーガニック小麦

私たちが普段使う小麦粉の多くは海外から輸入されたものですが、これには「ポストハーベスト」という農薬が使用されています。

ポストハーベストは、収穫してから日本に運ばれるまでの間、害虫から作物を守るため使われる農薬です。

作物に直接かけたり、農薬の液に作物をつけたりといった使い方をするので、通常の農薬以上に害が大きいそうです。

発がん性や奇形を起こす可能性があるとも言われています。

このような危険を避ける方法のひとつが、オーガニックの小麦粉を選ぶことです。

スポンサーリンク

オーガニックのものは、ポストハーベストだけでなく、栽培中の農薬や化学肥料も使用していません。

全粒粉でオーガニックというものもあるので、好みでいろいろ試してみるのもいいと思います。

使用頻度の高いものだけに高価なのが難点ですが、国産小麦とブレンドするというアイディアはどうでしょうか?

国産であれば、無農薬でなくても、少なくともポストハーベストの心配はありません。

そして、オーガニック小麦よりは安く手に入る場合が多いと思います。

それも無理なら、通常の輸入小麦と半分ずつ使っても、体に入る農薬は半分で済む計算になります。

オーガニックライフのコツは、無理をしないこと。

自分にできる範囲で、取り組んでみてください。

関連記事(一部広告含む):