オーガニックコットンって?

綿花栽培での、児童労働をはじめとした問題を解決しようという動きが広まっています。

「オーガニックコットン」は、農薬を使用せずに栽培し、製造・加工の段階でも薬品をできる限り使わずに作った綿のことです。

オーガニックコットンの製品には、タオルや衣類をはじめ、バッグ、縫いぐるみまで、さまざまです。

実際に使ってみると、普通の綿製品より柔らかい感じがします。

それには理由があります。

スポンサーリンク

一般の、農薬や薬品を大量に使う製造方法では、もともと綿花に含まれていた油分が落ちてしまうそうです。

オーガニックコットンでは、それが保たれたまま製品になり、ふわふわした柔らかい肌触りになります。

そのため、赤ちゃん用の衣類やタオルには特におすすめ。

大人よりも敏感な生まれたての肌には、優しい環境で作られたオーガニックコットンを使ってあげたいものです。

出産祝いとして贈る人も増えているようで、各メーカーでギフトセットなども用意されています。

オーガニックコットン製品の価格ですが、タオルハンカチであれば500円程度から購入できます。

Tシャツで3000~5000円くらい。

スーパーや量販店の価格に比べれば高いですが、たまには買ってみてもいいかな、と思える値段ではないでしょうか?

一度使えば、違いを感じられると思います。

関連記事(一部広告含む):